HOME プロフィール

holst

Author:holst
身は華と与に落ちぬれども 心は香と将に飛ぶ

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ

36ミニッツの赤い山

なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。
ブギーポップ カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

螺旋のエンペロイダー Spin3.

■概要
"ブギーポップ"シリーズと同じ世界で語られるブギーポップが関わらないお話シリーズ。
"ヴァルプルギスの後悔"の後の話で世界が大きく変化している模様。
イラストレーターも変わっている。

■あらすじ
NPスクール、ひいては統和機構の内部紛争により様々な派閥へと分かれてしまう登場人物たち。
ついに主人公の才牙虚宇介は実母の才牙真幌と相まみえるとき、あらゆる勢力が虚宇介へと集う。
錯綜する意志、力、想い、そして乱れる運命。謎多きの少年、才牙虚宇介は世界に何をもたらすのか。

■全体感想
謎が続々と判明していき、話の概要がようやくつかめてきた。
ゲスト的扱いかと思っていた"枢機王"は完全に話の中心で、今まで影に潜んでいた虚空牙の話が表立って語られるようになった。
"ヴァルプルギス"の後世界がどうなったのかよくわからない。でも決定的に何かが変わっていることは確か。
特にMPLSが普通に暴れまわるようになってるのに、ブギーポップが出てこないので、やっぱり消えてしまったのだろうか。
枢機王、人類、MPLS、虚空牙の四つ巴?枢機王のいう"囮"や"可能性"ってのはMPLSとどう違うのだろうか。
"ヴァルプルギス"の世界変化の影響を受けなかった二人と、霧間凪や末真和子はどう捉えているのだろうか。ブギーポップは……?
どうも4巻ではその辺がまた出てきて来る予感。いやぁ最後のシーンはテンション上がりまくった。

話は色んな陣営が交錯する展開で、裏切りに次ぐ裏切りやそれぞれの思想なんかが見て取れるのが面白い。
どのキャラ、陣営も最上位クラスだったり最重要ポジションだったりするので、ある意味インフレしているのが楽しい。
あー、ブギーポップの世界はこれで終わるんだろうなーって気がする。

■個別感想
●Intro
初めはこの"彼女"が誰だかわからなかったけど、最後に繋がるわけね。

●カチューシャ
一瞬にしてかませ犬に。スーパービルドはみんなこんな扱いなのか。
メロー・イエロー出てこないかな。

●璃央の不自然な選択(p40)
これはやっぱり"救世主"の影響なんだろうね、とか思ってたら……

●エンペロイド試論(p52)
結局これがこの話(エンペロイダー)の全てなんだろうか。
でも後々の才牙真幌の扱いを見るとデタラメなような気もする。
デタラメを利用した話ってことかも。つまり、"噂が現実になる"展開。

●才牙真幌
ただ虚空牙の影響を受けた人物なだけだった。
だから実はそこまで重要でもないのかも。だからあっさりMMTに負けたのかも。
なんかめちゃくちゃ偉そうで強そうで重要そうだったから、反動が凄い。

●「人間が思うことは、半分以上は現実になってしまう」(p74)
"噂が現実になる"ってのはこういうことなのかもしれない。

●流刃昂夕
「不死身になるくらいまで変異と進化を繰り返してきた」(p75)
枢機王がどんなだったか忘れてしまった。
人類の中に生まれた、未来を運命づけられたMPLSのようなものってことなのだろうか。それこそ魔女のような。
もしくは魔女が消えたことによって歴史の間に生まれた存在、とか。

●伊敷芹香
いきなり出てきた重要人物。
もうNPスクール大物集まりすぎだろ。覚醒しそうと思ってたら案の定覚醒してしまった。
最後はちょっと以外だったけど。
イラストがあざとい。

●「花が咲いてしまうということは、後はもう枯れるだけ」(p116)
これが十三番目の月理論ということなのですね……。

●ジィド
巻頭見て「誰だこいつは」と思ったらまさかのジィド。イケメンすぎワロタ。はやく死んでくれ。死なないんだろうなぁ。

●「なにしろ彼は、螺旋侵食体なのだから――」(p151)
また出てきた謎の単語。天敵波動、被侵食体に似てるが、それとは別か?

●牙の痕(p162)
あっさりリスキィ博士がべらべらと喋ってくれて不意をつかれた。
この時点で双子なんだろうと思ってたから後々の展開に違和感を感じたが、確かに年齢違う設定でしたね。

●ヘーツェライン
強そうオーラばりばりだったけど、彼女もまた噛ませ犬だった。
カラーページみた時はこの人が菱川さんだと思ってました。

●「私はただ"炎"を分けてもらっただけです」(p179)
うおおおおおおおおおおおおお!!!!
これはもう、完全にあのひとですね。
御堂璃央勝利フラグ。なんか好きになることを誘導されてるような気がする。でももう好きになるしかない。

●「友達よ。クラスメートは撃てない――」(p184)
その後にこの台詞。くぅ~~、たまらん。
でも虚宇介くんや迅八郎に対しては冷たいよね。ツンデレか、男にはそうなのか。

●「人の心というのは、結局は"想い出"によって決まっている」(p199)
"沈黙ピラミッド"のテーマみたいなところがあった、人の心=想い出理論。
僕もたまにこの考えをします。

●「俺という個性が"ヤツラ"に見つかってしまうじゃないか――」(p206)
枢機王は誰と戦っているんだ?虚空牙?MPLS?死神?奇蹟使い?エンペロイダー?

●エンペロイダー
「君は今、その領域に足を踏み入れたのだ」(p225)
どうも覚醒したMPLSっぽい。そしてそれは世界の敵。
だからそこにブギーポップが現れないのは、ブギーポップがいないってことなんじゃないかと。

●「君は"似ている"んだよ」(p227)
この時は才牙そらのことだったけど、そもそもこれはイマジネーターやエンブリオの能力に似ていないか?
彼女ら(?)はどうなっているんだろうか。

●「虚宇介という"壁"を壊せば、自分も"突破"できるのではないかという錯覚を」(p240)
重要ワード"突破"。やはりイマジネーターが関わっているか、イマジネーターが目指したものがエンペロイダーだったのか?
これは詭弁で、真の壁はもっと高次元にあり、イマジネーターの目的ももっと高等なものだったように感じるが。

●マジカル・ミステリー・ツァー(p263)
意味が分からなすぎる。魔女並。まぁ枢機王だし。
なんとなくジョジョのレクイエムやメイド・イン・ヘブンみたいだなぁと。
つまりMPLS能力のさらに上位の能力。
しかし他にいい名前なかったのか……

●んだ。(p278)
文章が切れてる?一行削られてるような。

●ラスト
"中枢"のお出まし。めちゃくちゃテンションあがった。次巻が楽しみ。
スポンサーサイト

螺旋のエンペロイダー Spin2.

■概要
"ブギーポップ"シリーズと同じ世界で語られるブギーポップが関わらないお話シリーズ。
イラストレーターが変わっていたり、色々変化を利かせている様子が垣間見える。

■あらすじ
なんか凄いらしいことが露わになった主人公の虚宇介くん。
いろんな奴から狙われてさあ大変。
でも本人は至って冷静で、着実に、流れるように事故を対処していく。
その周りでは激動が起こっていることを知ってか知らずか。

■全体感想
part2なので1の伏線を回収しつつ、全容の片鱗が少し顕になってきて、盛り上がってまいりました。
時系列は"ヴァルプルギスの後悔"の後、"ブギーポップは笑わない"の2年後っぽい。
なんという濃密な2年間なんだ……。
どうも"ヴァルプルギスの後悔"で世界が一新されて、統和機構も新しくなっていて、
"冥王と獣のダンス"とか、他のシリーズに繋がっていく様子を描いているっぽい。
それすなわちブギーポップの終わりである!
現に外伝シリーズはブギーポップ出てこないし、"ヴァルプルギスの後悔"の影響で本当に消えてしまったのかもしれない。
そしてその代わりに生まれたのが才牙兄妹および才牙真幌なのだろうか。兄妹はともかく、真幌は何者なのだろうか。

どのぐらい意識しているのかわからないが、キャラの性格や行動が露骨になってるよね。
はじめは中学生って設定だからガキ臭いのかと思ってたけど、総じて感情的なキャラが多い。
特に合成人間が感情的なのはなんか違和感ある。もしかしたら"新しい統和機構"の方針なのかもしれない。
"ヴァルプルギスの後悔"の影響でMPLSや合成人間の在り方が一新されたとか。

■個別感想
●三谷文
え?き、気づいてたし!嘘です。いや、違うんだ。
ダイアモンズ嫌いだから、新キャラがぶっ壊してくれないかなーって期待してたから、じぇーんじぇん気付かなかっただけなんだ。
しかし露骨に描写されてましたね……。

●「――そして、世界にも」(p75)
ぞくぞくする。でもブギーポップ出てこない。"もう"いないのかもしれない。

●時系列
なんかおかしい気がする。
7話はNPスクールの途中で虚宇介が早退した時。場面は夜(日が沈んだ直後くらい?)。
8話は体育の授業後のはずだが、7話と同じ時間。山に来るまでに時間かかった?
7話の最後に事件現場に生徒が来たって書かれた後、御堂璃央が喋ってるけど、
8話で呼び出されてるから喋ってるのは教室らしい。これが非常にわかりにくい。
9話は7話の数十分後で、虚宇介は早退したのに帰ってきて、直後にまた早退するという怪しすぎる行動を取ってる。
NPスクールの描写は1巻でやったから、もうどうでもいいって感じが悲しい。

●「ムキいなってもろくなことにならないんだから――やれやれ」(p116)
これが上遠野流のやれやれキャラなのか。

●イグノーブル・イグニッション
サバイバーだ!
どうでもいいけど外伝はチームで1つの能力にするスタイル多いな。
まぁ外伝は戦闘多いからな。

●璃央を救った女性(p141)
誰だ?性格的にもキャラ的にも口調的にも凪な気がするんだが、ちょっと賢明すぎるような。
"ヴァルプルギスの後悔"の後で変わったのかな?
もしくは九連内朱巳。口調が変か。
あるいは才牙真幌。これも口調が変。あと、仮にそうだったらもっと才牙兄妹に関心持つはず。

●「今、私は真剣に、あなたと話がしたいと思っているのだから」(p146)
優しいのに、ぞくっとくる、いい台詞。

●マキシムG
最近よく出てくるけど、かませっぷりが凄い。
毎回いいように利用されるだけ。

●カチューシャ
ついに出てきた!強そう。

●「ちょっと前の、何でもかんでも抹殺してしまえっていう風潮だった頃も」(p176)
やっぱり新統和機構になって、色々変わってるみたい。それもまた変わる波乱が来ているけど。

●フェイ・リスキィ
「私個人の、生涯を掛けた研究のためよ」(p179)
"――意志を継いでいく者が要る……。"(p283)
どうも裏ストーリー(表?)は奇蹟使いVS枢機王っぽい。
こっから"冥王と獣のダンス"に繋がるのがよおくわかる。
しかし"ヴァルプルギスの後悔"でフェイが覚醒した時は冗談じみたおまけかと思ってたのに……相変わらずすごいな。

●相剋渦動励振原理
ワロタ。俯瞰認識者(オーバースケール)みたい。

●エコーズ
ここで時系列がわかる。梢覚醒が約2年前。この世界はどんだけ濃密な2年間を経ているんだ。

●才牙兄妹
やっぱり虚空牙じゃないか。そのくせなんでもないとか言いおる。
でもやたら喋るし、行動的。これも"ヴァルプルギスの後悔"の影響?
たしか合成人間はエコーズが素体だから虚空牙のマッチポンプな気がする。
時間を操る能力(なのか不明)はジョジョっぽい。

●御堂璃央
"中枢"キャラっぽいなーと思ってたら案の定推薦されつつある。

●「世の中ってのはそういうどうでもいいことが積み重なってできているんだぜ」(p292)
好きな台詞。謎だぜ口調。

●「だってフォルティッシモは、私のことが大好きだから」(p295)
はい。

●「そのスクールとやらで、面白いことが起きるから」(p298)
パールが動き出しそうだなぁ。ダイアモンズ壊滅しねえかなあ。

●MMT
何の略なんだろ。
"侵略者"、"被侵食体"、"天敵波動"
MPLS?奇蹟使い?
人間の"邪悪"と同一?虚空牙?わけがわからねえ。

●誰も死なない
梢といい楓といい死亡フラグビンビンで、案の定の凄惨なことになったのに、結果的に死んでない。
主要キャラで死んだのは1巻の咲桜とみのりだけ。いや主要キャラでもないか。いやいや、死んだから主要キャラじゃないってことか?
なんか能力者の子供たちが頑張ってる様子は"パンドラ"を髣髴とさせる。
楓の首が折られたところはすごく似てると思った。

●恒例の美味しいところ持っていくキャラ予想
日高迅八郎  x1.8
御堂璃璃央  x1.9
風洞楓    x2.6
室井梢    x3.3
志邑詩歌   x3.7
反町碧    x4.0
箕山晶子   x4.2

螺旋のエンペロイダー Spin1.

■概要
"ブギーポップ"シリーズと同じの世界で語られるブギーポップが関わらないお話シリーズ。
これまで度々垣間見えていた"能力者の教育環境"がメイン。
その関係上、キャラクターはほぼ全員能力者で、いつものシリーズより年齢が低め(中学生)。
イラストレーターが変わってたり、女キャラがあざとかったり、"最近のラノベ"を意識してるとかしてないとか。
ブギーポップ本編とどれほど関わってるかは不明。

■あらすじ
世界を裏から支配してる統和機構の兵士、合成人間(特殊能力を持った人間)の養成学校が舞台。
主人公の才牙虚宇介くんは周囲から浮いた冴えないメガネくんだけど実は凄い秘密を持っているぞー。
生徒たちが巻き起こす事件に沿って虚宇介くんが活躍してると周りもなんか特別っぽいことに薄々気づき始めて、
なにやらよからぬことが起きそうですわよ。

■全体感想
外伝シリーズのpart1は相変わらず謎だらけ。謎めいた単語、謎めいた行動、謎めいたキャラクター、謎めいた能力。
もうほとんど謎ばっかで、これから先の回収劇が楽しみでなりませんぞ。
時系列がどうなってるか気になるところ。
フェイ・リスキィが普通に働いてるのがポイントっぽいけど、
ヴァルプルギスの後悔の前は辺境の地で研究してて、後は奇蹟に目覚めたんじゃなかったっけか?
奇蹟に目覚めたのはなかったことになったんだっけか?ヴァルプよりずっと前?

話はまぁ、"能力者学校"っていうどっかで見た感じの雰囲気で、あんまり興味ない。
強いて言うなら、普段は普通の学校が舞台だから、それと対比してんのかなーとか思ったり。
作者コメントにも学校と塾の話あったし。
やっぱpart1は伏線だけで、あんまり盛り上がらないよね。
でも外伝特有の戦闘しまくりなストーリーは好き。虚宇介くん無双に期待。

■個別感想
●キャラ紹介
チラチラ見ながら読んでたけど、三谷文の能力がない。なんなんだー。

●枢機王
なんで出てくるんだ。冥王と獣のダンス好き過ぎだろ

●デミタクティクス
「○○です。能力名は〈××××〉」
これが好きすぎる。東方キャラとか、なんでもそれっぽいので言いたくなる。

●ヴィオランツァ・ドメスティカ
これでもかってくらい厨二だ。螺旋を操る能力、タスクact4っぽい。即ち最強。

●サルタン・オブ・スイング
静電気を防いでる間の平手打ちは食らうのに、無数に飛んで来る虫の攻撃を回避できるって謎。
ダンプカーや銃弾のダメージは床に移すのに、他のダメージは服や袖に移してる謎。

●蟻
数十分で蟻に巨大なトンネルを掘らせるって流石に無理では‥‥。
床のコインを弾かせるのも蟻にできるのか‥‥?

●箕山晶子
あんま好きじゃなかったけど、なんかいい奴だった。
"誇っていた能力を突然失う"って、いいなぁ。
喪失感や解放感なんかを想像・感受するとぞくぞくする。

●跡地での掛け合い
「あれは"能力"なんてものじゃない――彼女にかけられた"呪い"だよ」
「不思議でないことなんて、この世にはひとつもないんだよ」
ブギーポップでもそうだけど、戦闘後の掛け合いってまとめにかかるからか、好きな台詞多い。

●ラスト
なんで?テコ入れ?別にいいけど、らしくない。

●エピローグ
「私はただ、ただ見ただけなのに――」
能力の覚醒シーンはいつ見ても良いものだ。

●鏡
死んでほしかった。声後ろから聞こえるわけだし、無理だろ。死んでくれ。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。