HOME プロフィール

holst

Author:holst
身は華と与に落ちぬれども 心は香と将に飛ぶ

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ

36ミニッツの赤い山

なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。
2016年08月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日月ロック衝撃の日~11人いる!~

順調に世界樹を登っていく三日月ロック一行。
些細な諍いやちょっとしたピンチに陥ることもあったが、順風満帆に第三階層へ到達する。
そして第三階層へ到達したことによりアルカディア評議会から達人の称号、二つ名を付けられることを許可される。
全員のレベルを統一してから休養させ、各人二つ名を選別していく。
霊夢、魔理沙、ソリン、ティボルト、ダンバン、ミコチ、ツバメと決定していく。

「あー、ダンバンさんは流石に粋スキルなかったかー」

粋というのはダンバンさんが原作で持つ性格スキルの一つで、
「防具を一つも装備していないと素早さ30%アップ」(素早さは回避&命中率に大きく関わる)
というネタに見えて強力なスキルだったりするダンバンさんをダンバンさんたらしめる最大の特徴だ。

ダンバンさんはマスラオ。
マスラオにそんなスキルはなかった。

そしてフェンサーのグローリーに差し掛かる。
そこにはあった。

[持たざる者]装備欄に空きがあるほど回避率が上昇する

!!!!!

ダ……ダンバンさん……!?

どうしたものか……。
いや、迷うことなどない。[持たざる者]は紛れも無くダンバンさんだ。ダンバンさん以外ありえない。
なんと便利なことか、世界樹の迷宮Ⅴには転職システムというのがある。
パラメータ(種族)やグラフィックをそのままに職業を変えられるのだ。
やるしかない。ダンバンさんはフェンサーに転職一択。
超攻撃特化防御紙のフェンサーになる。これは全然良い。むしろ強い。

ではグローリーは……?
代わりになれる職業なんて……。

そして、再びそれはあった。

[砲火の竜騎兵]より攻撃に特化したドラグーン。砲撃系のスキルが追加され高い防御力と攻撃力を併せ持つアタッカーになる。

!!!!!

グ……グローリー……!?

決断は一瞬。
グローリーはドラグーンに転職するしかない。
種族は一緒だから問題ない。

ではドラグーンのパンターは……?
パンターは暗殺者で合成人間だが、刀を振るう猛者ではない。
ツバメをマスラオにする?
ツバメといったら弓だ。刀ではない。刀はシキだ。
じゃあ新たにシキをマスラオとして加入させる?
となるとツバメが抜けてパンターがハウンド?
いや、ダメダメ。ツバメは抜けない。
パンターも抜けない。
八方塞がりだ……どうしよう……。

と、そこで閃く!!

抜けないなら抜かなければいいんだ!!

そう!11人パーティにすればいいんだ!
ダンバンさんをマスラオに
グローリーをドラグーンに
新たにシキを追加

では改めて紹介しよう、これが11人の三日月ロックだ!

201_霊夢

楽園の素敵な巫女 霊夢
神降ろしシャーマン。
属性攻撃型にする予定。

202_魔理沙

普通の魔法使い 魔理沙
三属性ウォーロック。
「普通の」というのは「人間の」という意味。
霊夢と魔理沙はどちらも原作にある二つ名。
雷>炎>氷の優先度で伸ばしていく予定。

203_ソリン

イニストラードの君主 ソリン
破霊ネクロマンサー。
二つ名はカード名から。
「死の宿敵」もいいんだが、後述のグローリーと若干被るのでやめた。
ただもうイニストラードの君主ではないよね……。
「負の力」と「ゾンビパウダー」を狙う。

204_ティボルト

悪鬼の血脈 ティボルト
鮮血リーパー。
似合いすぎて自由度が高い。なにやっても似合う。
悪鬼の血脈という名前だけはカッコイイ。
カードはクソザコだったが世界樹では果たして。
自由にビルドする予定。

205_ダンバン

ホムスの英雄 ダンバン
全裸フェンサー。(種族セリアン)
ちょっとやったけど全裸にするより鎧一枚の方が効率いい(全裸だと1発も耐えられない)。
「隻腕の英雄」にしようかと思ったが、右腕は戦闘に使えないだけで失ってはないので。
ホムスはゼノブレイドの世界で言うと人間種族のこと。
セリアンは獣人だということは突っ込まないでいただきたい。
かなり不安な問題児になるだろうから一番レベルを高くしてあげる。

206_ミコチ

家事万能な小人
完全(パーフェクト)ハーバリスト。
他にいい二つ名が浮かばなかった……。
ほぼ全員攻撃型のビルドなので超重要になるヒーラー。
負担がかかって使いまくらないようにしたいが、いないと探索が大変で大変で……。
あと以前の記事でミコチになっていた。メモ帳にはハクメイだったのになぜ気づかなかったのか。
実はSSQ2の時点でハクメイをミコチにしていたのが原因。恥ずかしすぎる。

207_シキ

時の世界の管理人 シキ
一刀マスラオ。
イリバルデュシャスの持ち主で冷静で淡白。
和服にかんざしをして剣と時魔法を扱う。
多刀もロマンがあるし原作でも二刀アーツがあるのでできなくもなかったが、
攻撃型ビルドが多すぎたのでバランス調整のために一刀型に。
ビルドも自由でかなり安定したキャラになりそう。
時魔法は流石に使えない……。

208_ツバメ

時の世界の従者 ツバメ
鷹ハウンド。鷹の名前はヨウコ。
とりあえずヨウコ強化しつつ自由なビルドに。
ちょっとやった感じかなり使いやすい。
SSQ2のガンナー並。よってレベルは低めに。

209_グローリー

死の天使 グローリー
重砲ドラグーン。
確か劇中でそう名乗ってた。
グラフィックは男だけど女性。
ミニガンでヒャッハーする。
男勝りの荒っぽい性格だけど根は優しい。
ガードスキルは取らない予定。回復スキルもなし!

210_パンター

璃央の守り手 パンター
盾ドラグーン。
璃央の側近というかボディガードみたいな感じなので盾ってことで。
命に変えても璃央を守るつもりで頑張る。

211_ブルムベア

璃央の下僕 ブルムベア
鬼神セスタス。
守り手と対にしたかったんだが、攻め手って表現もないし、格下だろうから下僕で。
とはいっても破壊力バツグンの衝撃波(物理)を扱う。
合成人間二人はベーシックスキル多め。
スポンサーサイト

検証生活 10日目

とうとう10回まできた。
しかしネタがないので予告通り、余った小ネタを適当に。

「戦闘中能力」無効01

「戦闘中能力」無効02

"「戦闘中能力」無効"だと援護クリーチャーやアイテムクリーチャーは使用できない。
くっそどうでもいいけどラントラする際には注意。そんな場面あるのか。



HP変化無効01_ドゥームデボラー01

マスファンタズムが掛かっていてもドゥームデボラーは成長する。
これ、最初見つけた時「スゲェ!」ってなったんだけど、wikiに書いてあったらしい。無念。

HP変化無効01_ドゥームデボラー02

成長するけど衰弱しない。
これはマスファンタズムの効果が「スペルの効果を受けない」であるため。
秘術により衰弱する能力は「スペルの効果」だが、成長する能力は「クリーチャー能力」。

HP変化無効01_ドゥームデボラー03

ちなみにSTは減るのでこういうドゥームデボラーができあがる。

HP変化無効01_デューンタイタン

デューンタイタン+マスファンタズム。
これもクリーチャー能力なので減ってしまう。

HP変化無効02_アーススピリット

アーススピリット+マスファンタズム。
クリーチャー能力なので(略)



アイテムクリーチャー01_変身01

アイテムクリーチャー01_変身02

変身するクリーチャーがアイテムクリーチャーを使ってもリセットされてしまう。
今作は素で変身するのがバルダンダースだけになってしまった……。

アイテムクリーチャー02_能力値置換01

アイテムクリーチャー02_能力値置換02

アイテムクリーチャー02_能力値置換03

能力値置換もリセットされてしまう。
こっちはリビンググローブやリリスもいるので対戦でも割と見かける。注意すべし。



アングリーマスク01_巻物攻撃01

アングリーマスク01_巻物攻撃03

アングリーマスクは巻物攻撃のダメージは返さない。
ゼラチンウォールやゼラチンアーマーは「受けた通常攻撃ダメージ」ってしっかり書いてあるのに、
アングリーマスクは「受けたダメージ」としか書いてない。MTGなら誤植として修正されるレベル。

アングリーマスク02_反射01

アングリーマスク02_反射02

当然反射ダメージも返さない。
リボルトには通常攻撃ダメージ,巻物攻撃ダメージ,反射ダメージ,衰弱ダメージの4種類がある。と思われる。
つまりアングリーマスクは通常攻撃ダメージだけ。

アングリーマスク03_永久能力値交換01

アングリーマスク03_永久能力値交換02

おまけ。
ルナティックヘア+アングリーマスク。
生き残れば即死。サキュバスリングよりも使い勝手が良さそう。
どっちも武器に弱いのが難点。

検証生活 9日目

第九回。
前回の記事は難しいと言われた。
うん、実際難しい。基本的な処理順を理解していないとわからないとおもう。
だがこの日記は自虐とかじゃなく本当に人に見せるつもりで書いてないので、そのへんの解説等はしません。
よく分からない人はなんとなくで楽しんでって。

あとタイムテーブル使えます!とも言われた。
……何に使うんだろう……検証かな?

9日目:タイムテーブル作り その6
9回中6回がタイムテーブル作りっていう……。
あらかじめ言っておきます。
残りのネタは記事一本にするほどのものじゃないので、次回からは雑に在庫処理していきます。

今回はバウンティハントの"賞金"について。
「対象クリーチャーを戦闘で武器を使い破壊した場合、G300を得る」
という効果はどういうものなんじゃい。

まぁ特に意識せずとも遊んでいる中で、どうも自破壊時能力っぽい、ということは分かっていたので他の能力と色々比べてみる。

TT37_代償>賞金>遺産01

TT37_代償>賞金>遺産02

TT37_代償>賞金>遺産03

TT37_代償>賞金>遺産04

呪いが解ける>代償>賞金>遺産
武器使ってないのに発動してる!?
……じゃなくて、呪いが解けてるのに発動してる!?(ケンタウロスの武器は復帰している)
そう、実は「【呪い名】の効果がなくなりました」というのは
「【呪い名】が解けたけど効果は最後まで続きますよ」という意味なのだ。
前作でもマヒしたクリーチャーはマヒが解けた後の遺産を発動できない等の凡例があった。
とはいえ「効果がなくなりました」といった直後に「賞金」って出るのはなかなか滑稽である。

で、結果を見るとクリーチャー>呪い>アイテムと正当な順番で処理されているので
やはり自破壊時の能力であることがわかる。
バウンティハントの効果を丁寧に言うと
「『自破壊時、戦闘相手が武器を使用した場合、相手セプターはG300を得る』の能力を得る」
となる。

他の例を見てみよう。


TT38_遺産>賞金>遺産01

TT38_遺産>賞金>遺産02

TT38_遺産>賞金>遺産03

TT38_遺産>賞金>遺産04

遺産>賞金>遺産
遺産の間に賞金が入っているのがなんだかヘンだ。

もういっちょ検証。

TT39_賞金>遺産>復活01

TT39_賞金>遺産>復活02

TT39_賞金>遺産>復活03

TT39_賞金>遺産>復活04

賞金>遺産>復活
(。◠‿◠。✿)うんう・・・ (。◔‸◔。✿)ん?

……あれ?
クリーチャー能力の"復活"が最後に発動しているぞ?
ひょっとしてステップを跨いでる?
と思って早速検証。

TT40_復活>遺産01

TT40_復活>遺産02

侵略:復活>防衛:遺産
……ステップは跨いでいない。
わーお。
なんと毒衰弱の優先度が高かったように、"復活"は優先度がこれだけ低いのだ。

しかもこれ、間に破壊エフェクトが入る。
前作がどうだったか忘れてしまったが、リボルトでは破壊エフェクトの発生が復活の直前に入る形で同列なのだ。
うーんなんかヘン!

検証生活 8日目

part8。
前回引き伸ばしたくせに間に世界樹を挟むという適当っぷり。
書きたかったんだから仕方ない。

8日目:タイムテーブル作り その5

で、前回何をやっていたかというと、3種類の衰弱の発動順を検証したんだったな。
これがその結果。

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱01

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱02

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱03

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱04

サムハイン>アングリー>毒>タイタンの順で、
クリーチャー>アイテム>呪い>クリーチャーと並んでいるため、
アングリー>毒, 毒>タイタンでそれぞれステップでを跨いでいると判った。

しかし!

その後気づいた。

アングリー衰弱とサムハイン衰弱は、衰弱させる能力。すなわち、
衰弱させる側が発動しているのでは
と。

実際に画像を見てもらえば分かるが、毒衰弱とタイタン衰弱はロックタイタン側に「衰弱(衰弱ダメージ)」の文字が出ているが、サムハイン衰弱とアングリー衰弱はサムハイン側に文字が出ている。
つまりどういうことかというと、
先攻>後攻の順で処理しているため、サムハイン≧アングリー、毒>タイタンは確定だが
アングリー>毒は確定していないのだ。

そこで早速検証。
まずアングリーは衰弱させる側が発動しているかを確認する。
先攻>後攻の順に処理しているので、後手アングリーで毒のクリーチャーに攻めればいい。
こちらがその結果。

TT25_毒衰弱>後手アングリー衰弱01

TT25_毒衰弱>後手アングリー衰弱02

TT25_毒衰弱>後手アングリー衰弱03

やっぱりアングリーが後に発動した!
ということはアングリーは発動する側の能力だ。
ここまできたらアングリー,サムハイン,毒を全部一緒にやってみよう。
毒にしたサムハインに攻撃と2つの衰弱に耐えつつ、サムハインも毒死しないような温厚なクリーチャーで攻めてもらう。
まぁいつも使ってるルリエーナにお願いすれば簡単だ。
彼女は無駄な侵略をしないので非常に検証が楽。

さて、どうなったか。

TT26_毒衰弱>サムハイン衰弱>アングリー衰弱01

TT26_毒衰弱>サムハイン衰弱>アングリー衰弱02

TT26_毒衰弱>サムハイン衰弱>アングリー衰弱03

???????
呪い効果が先に発動しているぞ~??
前回の結果からアングリー≧毒であることは確定しているので、毒>アングリーとステップを跨いでいることはない。
順番が入れ替わったということは同列ということだ。
しかし同列ならば本来はクリーチャー>呪い>アイテムの順に処理するはず。
なのに呪い効果から先に処理している!!どういうことだー!!

と、一人興奮していたが、クリーチャー>呪い>アイテムだとサムハイン>毒>アングリーになるため、
毒で死ぬときサムハインは先に衰弱させられるけど、アングリーは衰弱させられない……なんてことになるから、
恐らく毒で死ぬならどっちも発動できないよ、ってことなんだろう。

ここまできたら毒>タイタンも疑わしい。
さらなる検証を重ねる。

TT42_タイタン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱01

TT42_タイタン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱02

TT42_タイタン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱03

やっぱり!
侵略:タイタン>アングリー>防衛:毒
だからタイタン衰弱も同列。

シニリティ(自壊)はどうか。

TT29_タイタン衰弱>自壊02

TT29_タイタン衰弱>自壊03

タイタン>シニリティ
呪いが優先というわけではなく、毒が優先ということが分かる。

つまり戦闘終了時ステップは
毒>クリーチャー>呪い>アイテムの順に処理するようだ。
前作でも毒は最速であったが、独自のステップを設けていた。
ひょっとしたらあれもミスだったかもしれない……。

世界樹の迷宮Ⅴ 三日月ロック

SQ5GCARD.png

今作も三日月ロックでやっていこうと思う。スピッツの名曲であり名盤。
前作の新世界樹の迷宮2は死ぬほどキツイ縛りプレイでクリアするまで半年くらいかかるめちゃくちゃ大変なプレイをしたので、今作は割とユルユルで自由かつロールプレイ第一にやりたい。

現在5F突入まで進んで4Fのザリガニを3人死なせた状態で辛勝したところ。
hage(全滅)はまだゼロ。

そんなわけで各キャラクターの設定を紹介。ただの自己満足である。

01_霊夢

霊夢(東方Project)
よくわからないけど異界の地に赴いて異変を解決するという体で色んな世界から使える人材を率いて迷宮に挑む。
三日月ロックのリーダーである。
前作では前衛ドクトルマグスでめちゃくちゃhageまくった。
今作では後衛バフ要員なのできっと安全だろう。
ボイスは東方キャラに声をあてるの嫌いなんだが、二人だけ無言というのもアレなので仕方なく毒舌に設定。
まぁまぁ合ってる。
薬草学とかは詳しくなさそうなので取らない予定。

02_魔理沙

魔理沙(東方Project)
霊夢が異界の地に行くにあたって一人だけ誰かを連れていける、そう言われたら魔理沙を連れて行くんだろうか。
そんな感じで一緒に異変解決するという設定。
ボイスはお転婆。あんまり合ってない。ちょっとぶりっ子すぎる。
ボーイッシュがいいんだけどボクっ娘魔理沙は嫌いなので。
なんとウォーロックは重砲が使える!!
というわけで魔理沙は杖を禁止して重砲縛り。
ゴリゴリのアタッカーでファイアーボールとライトニングを伸ばす。
アイシクルランスは使えなくもないだろうけど今のところ取る予定はない。

03_ソリン

ソリン(マジック:ザ・ギャザリング)
前作ではダークハンターだったが今作ではネクロマンサー。
ネクロマンサーといったらリリアナだろう。
でも恐らくMTG勢はみんなリリアナにするだろうし、なにより僕はソリンが好きだ。
公式ストーリーでは散々な扱いを受けて人気暴落してるけど、それでもソリンが好きなんだーーー。
色々あって霊夢と知り合いになって付き合ってくれる模様。
声はニヒル
まだ使ってないのでどんな感じか楽しみ。

04_ティボルト

ティボルト(マジック:ザ・ギャザリング)
こんなのティボルトしかいないだろ!!
ってことでまさかのティボルト。
ソリンが道中で見つけたので無理矢理連れてきた。
声はもちろんハイテンション
まだ使ってないがめちゃくちゃ楽しみである。

05_ダンバン

ダンバン(ゼノブレイド)
ゼノブレイドのクリア後の世界からやってきた超武人兄貴。
ゼノブレイドで一番好き。スマブラの参戦キャラ投票で入れるくらい好き。
本当は利き腕が使えないんだけどなんか両手使ってますね。獣耳も生えてるし。
フェンサーが回避アタッカーなのでそっちにしようか迷ったのだが、やっぱりダンバンさんと言えば刀!そして脳筋。
声は最初粗暴にしてたんだけど「ウヒヒと」か言い出して気持ち悪かったので熱血に。
心熱き武人なので異変解決には積極的。冒険大好きおじさん。

06_ハクメイ

ハクメイ(ハクメイとミコチ)
前作ハイランダーをミコチにしたので今作ではハクメイを使おうと思っていたところ
超ピッタリな職業が。種族も完璧。
もうハーバリストの範囲ならなんでも似合う。
ミコチが世話になったので今度はハクメイがお手伝いに来てくれました。
声は高飛車。まだ使ってないけど合ってるのかなー?

07_ツバメ

ツバメ(帽子世界)
帽子世界という大好きなフリーゲームのキャラ。
実は前作の後半でブシドーのシキという帽子世界で一番好きなキャラを使っていたので
今作でもシキを使いたかったのだが、刀枠をダンバンさんに取られてしまったため断念。
その代わりにシキのパートナーであるツバメを抜擢。
弓使いのお淑やかな女の子です。
声はお嬢様
ツンツンしてるグラフィックだけど、本当はもっと素直なタイプ。
シキが来れないので代理人として派遣された。

08_グローリー

グローリー(フォールアウト4)
Fo4やった時に絶対次の世界樹で使うと決めていた一番好きなキャラ。
いやー、最期の演出も感動したけどその前から好きだったんだよーー。
グラフィックは男だけど女性です。
声は軍人。あんま軍人肌じゃないけど、他に合うのなかった。
レールロードの為なのか不明だがなぜか手伝ってくれる荒っぽいけど心根は優しいお姉さん。
銃火器をぶっ放すキャラなのであんまり回避キャラは似合わないんだが
まぁ剣術を使わせたらこんなになるだろうってことでひとつ。
今思うとドラグーンでも良かったかもしれない……。でも一番似てるのはこのグラフィック。

09_パンター

パンター(螺旋のエンペロイダー)
まさかの螺旋のエンペロイダー。まさかのパンター。
実は残りの二枠はそれはもう迷った。
最初はFF6のフィガロ兄弟・エドガー&マッシュにしようかと思ったんだけど
エドガーはともかくマッシュがあんまり合わなくて、エドガーのグラフィックも好きじゃなく
このグラフィックが使いたかったので色々と思案した。
その結果ブギーポップから誰か出そうってことになって
最近読んだ螺旋のエンペロイダーがいいだろうってことになって
好きなキャラは御堂璃央だけど、御堂璃央は戦うキャラじゃないからその部下でやたら愛嬌のある二人を抜擢。

統和機構の戦闘型合成人間にして一流ハンターの一人。
何故か敬語でやたら軽い口調。東方の射命丸文に近い。
能力は汎用的な手から衝撃波を放つタイプ。
合成人間として造られてからまだ日が浅いものの実力はピカイチ。
御堂璃央から任務として迷宮探索に協力することに。
ドラグーンは防御タイプだが重砲マスタリーを伸ばして攻撃スキルを重点的に伸ばす予定。
声は明るい

10_ブルムベア

ブルムベア(螺旋のエンペロイダー)
パンターの同期にしてパートナー。通称ブルさん。
能力や戦闘力はパンターとほぼ同じ。
あまりパンチとかしなさそうだが、男らしく素手で戦うのもいいんじゃないかと思う今日このごろ。
パンターと共に御堂璃央から任務を受けて三日月ロックに協力。潜入なのか?
声は武人


いやーしかしマニアックな10人になってしまったなー。
全部分かる人はきっといないだろう。
アースランがほとんど人間じゃないってのはなんか皮肉めいてて面白い。
とりあえずいつも通り一層は第一パーティ、二層から第二パーティメインでやっていく。
後から追加種族や職業くるのかなー?





検証生活 7日目

part7だ。
昨日は案の定世界樹Ⅴをやっていた。楽しすぎるな。

7日目:タイムテーブル作り その4
またタイムテーブルかよ!
ネタがないんだよ!

今回の検証するのは"衰弱"だ。
しかしひとえに衰弱といっても、リボルトには実に4種類の"衰弱"があるからややこしい。

衰弱1:ナパームアローの能力。前作では雪辱内の衰弱(コダマとライフスティーラー)であった。
衰弱2:呪い効果の衰弱。前作では毒および毒ダメージ。戦闘終了時に一番最初に発動していた。
衰弱3:アングリーマスクとサムハインの衰弱。効果は違うが、やっていることはどちらも「戦闘終了時に相手を衰弱させる」能力。
衰弱4:「戦闘終了時に自分が弱体化する」能力。前作はゴーレムが、今作ではロックタイタンのみが持つ。

ややこしいので以後は俗称を用いる。
衰弱1→ナパーム衰弱
衰弱2→毒衰弱
衰弱3→アングリー衰弱,サムハイン衰弱
衰弱4→タイタン衰弱
ちなみに番号は検証結果からつけたので検証中はどの順番か不明であった。
さらにいうとアングリー衰弱とサムハイン衰弱が同じかどうかも不明であった。

それでは検証開始。

まずナパーム衰弱は雪辱タイミングというのはわかっていたのでスルー。
気になるのは毒衰弱,アングリー衰弱,タイタン衰弱の3つだ。
3つの衰弱を同時に受けて耐えてもらわなければならない。しかも相手はロックタイタン限定。
とりあえずロックタイタンはゲンのブック(DLCクエストを買わないと手に入らないAIブック)で使わせるとして、
普通にやったらアングリー衰弱で一発ダウンしてしまうのでファットボディ×2が必要。
これで30/100になることでアングリー30,毒50,タイタン10で10残る。
ちょうど実戦でも使えそうで再生,繁殖を持ったマイコロン(ST10)を使わせることに。

やり方はバルダンダース同様、ポイズンマインドとスクイーズでクリーチャーを削りつつバウンティハントで固定し
ファットボディ×2をしてマイコロン横付けの準備ができたらプレイグ>移動侵略。
ロックタイタンがアイテム使えなくて本当に良かったと思う。

これがその結果↓

TT15_アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱01

TT15_アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱02

TT15_アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱03

TT15_アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱04

アングリー>毒>タイタンの順だ。
繁殖が最後に来ているのは前作同様、「死にうる能力が先に発動する」という原則があるのを再確認。

ではサムハインも入れて見よう。
さらに衰弱させるのでSTを10まで落とす(ファットボディ×3orカワヒメ)
10/100のロックタイタンに合成させないサムハインで突撃!

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱01

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱02

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱03

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱04

サムハイン>アングリー>毒>タイタンの順だ。
殴り20>サムハイン20>アングリー10>毒40(MHP80)>タイタン10でぴったり100!

というわけでサムハイン≧アングリー>毒>タイタンでいいだろう。
アングリー>毒はアイテム>呪い、毒>タイタンは呪い>クリーチャーなのでどちらもステップを跨いでいる。
3つの衰弱(サムハインとアングリーは同列)は全て別のステップなわけかー。

そんなわけで検証終了。
……しかし実はそうではなかった。
次回へ続く!

検証生活 6日目

6日目はpart6の意味である。
豆知識botも稼働を開始して、地霊殿EXも攻略。
そして今日は世界樹の迷宮Ⅴの発売!
明日からやるかね、これ。

6日目:ルーンアデプト
今日はなんかしら悪用できそうな能力を持ったルーンアデプトで遊んでみよう。
その前にちょっと小ネタ。
ルーンアデプトは防魔を持っているのでハイパーアクティブは効かないんだが……

エンチャントレス+防魔01

エンチャントレス+防魔02

エンチャントレスを経由すれば掛けることが可能だぞ!
これでスペル連発だ!ヒャッハー!

ルーンアデプト01_複数瞬間

テキストでは単体瞬間スペルしか使えないように見えるが、全体瞬間スペルも使える。
これは他のテキストも同じで、例えばパイロクルスの合成やシャイニングガイザーの合成も複数瞬間スペルでも可。
サムハインも全体呪いや世界呪いでも合成できる。

ルーンアデプト02_チャリオット02

チャリオットやリリーフを使うとブックに復帰する。

ルーンアデプト02_チャリオット01

が、手札は減らない。
これを連発するとどうなるか。

ルーンアデプト02_チャリオット03

当然こうなる。
何に使えるかって?
そりゃトレジャーレイダー+エナジーフィールドのコンボと合成するんだよ!
毎ターンG200を奪いG400を稼げる!消費魔力除き。

最後に真面目な検証だ。
手札が減らないことを利用してドロースペルを使うと手札が偉いことになる。
というわけで手札7枚で4位のギフトを使ってみよう。

ルーンアデプト03_ギフト01
準備完了。
どうなるかな?
①手札が11枚になる
②3枚しか引けない
③4枚目は捨てられる
結果は↓

ルーンアデプト03_ギフト02

4枚引けるようだ。

ルーンアデプト03_ギフト03

4枚目を引いた!マジカルリープ!やったー!

ルーンアデプト03_ギフト04

あっ……。

ルーンアデプト03_ギフト05

……。

ルーンアデプト03_ギフト06

ルーンアデプト03_ギフト07

デデーン。
というわけで正解は③4枚目は捨てられるでした。
引いたけど捨てました、みたいなノリ腹立つなー。

弾幕感想 東方地霊殿Extra

地霊殿挑戦開始から約1ヶ月かけてついにやり遂げた!
嬉しすぎるので語らせてくれ。
全部語るときりがないのでExtraの弾幕だけ。

07_sanae_RY_03.png

中ボスの早苗さん。
幻想郷の生活に慣れてきた模様。

EX1-01.png

秘法「九字刺し」
「臨兵闘者皆陣列在前」の9つの呪文を唱える護身術らしい。
交差レーザー+渦状の米弾。
最初こそ交差レーザーに苦戦したが、実は最下段にいれば横に当たらず、早苗さんの正面にいれば縦に当たらないので超簡単。
青い米弾の中にたまに1個だけ緑色の米弾が混じっているのは何か意味がありそう。


EX1-02.png

奇跡「ミラクルフルーツ」

早苗さんは奇跡を操る程度の能力の持ち主なので、ミラクルという単語に弱い。
見た目は派手だが落ち着いてちょん避けすれば簡単。
それでも油断してると被弾する。

EX1-03.png

神徳「五穀豊穣ライスシャワー」
早苗さんは現代っ子なので横文字に弱い。
五穀は米・麦・粟・黍・豆のこと。
前に出た方が避けやすい。
たまに降り注ぐ米弾がやたら激しくて被弾する。

08_koishi_RY_31.png

閉じた恋の瞳
古明地こいし

Extraステージのボスであり、心を読むサトリ妖怪なのだが、心を読む第三の瞳を閉ざしてしまった。
その結果自身の心も閉じてしまい、無意識で放浪する哀しい妖怪になってしまう。
ただ本人は心がないので暢気に平和な日々を満喫している様子。
奇特な力を持った主人公と出会って心を開こうとしつつある。泣ける話だ。

EX2-01.png

表象「夢枕にご先祖総立ち」
名前のインパクトもさることながら、弾幕が文字通りで実に面白い。
最初のスペルカードで、小手調べ的な簡単な部類なのだが、何故かよく被弾する。
多分一度の波で切り返しを三回しているせい。

EX2-02.png

表像「弾幕パラノイア」
パラノイアは偏執病のこと。
見た目は恐ろしいがちょん避けしてるだけでいい簡単な弾幕。
ただ、こいしが移動するとそれに合わせてジリジリと移動しなくてはならず、
焦って移動するとクナイに刺されてしまう。
このこいしのランダムな動きに合わせた駆け引きがとっても楽しい!

EX2-03.png

本能「イドの解放」
イドは無意識に眠れる衝動的欲求のこと。
目が痛くなるほどのハート弾をぶちまけてくる。
下にこんもり溜まったハート=欲望が不気味だ。
激しい交差弾なので難しく感じるが、実は左右に避けるだけでいい。
コツはハートの先端を見ながら避けること。

EX2-04.png

抑制「スーパーエゴ」
スーパーエゴは無意識下でイドを抑えている超自我のこと。
イドを解放したので今度はスーパーエゴで抑制。
イドの解放とは逆に画面外部からハート弾が収束していく。
上下が逆になっただけで避け方はイドの解放と同じ。
ただこの逆になったってのが厄介で、慣れないうちは難しい。

EX2-05.png

反応「妖怪ポリグラフ」

ポリグラフは心拍数などを計測して心理状態を測る機械のこと。
自機の動きに沿った弾幕がグラフのように撃ち込まれていく。
Enemy表示が出ているが耐久スペルである。
最初は意味不明すぎて大苦戦を強いられたが、
大移動で隙間を作り、その隙間を小移動で細かに避ける……を繰り返すことで避けられる。
そうしていくと自然に太陽のマークのようになるのはなにかの暗示だろうか?


EX2-06.png

無意識「弾幕のロールシャッハ」
ロールシャッハはロールシャッハ・テストのことで、インクのシミが何の形に見えるか?という心理テスト。
幾何学的な模様の弾幕が拡散してくる。
美しくて悪名高いらしいが、実際は最下段で慎重に避けるだけの普通の弾幕。そんなに難しくない。
さて、これは何に見えるかな?
花に止まる蝶に見えなくもないね。

EX2-07.png

復燃「恋の埋火」
埋火(うずみび)は灰の中に埋めた炭火のこと。
心を閉ざしたこいしだったが、主人公に対しては恋い焦がれるかのように心を開きつつある。
燃えるハート弾をそこら中に放つ。このバーニングハートは画面端で反射してどんどん溜まっていく。
下段にいると追い込まれて埋れてしまうので、中段で避けると良い。
ハート弾は燃えている部分にムラがあって、見た目よりも太い。
この画像も一瞬後には被弾する。

EX2-08.png

深層「無意識の遺伝子」
二重らせんを纏いながら無意識にフラフラと漂う弾幕。
近づかれるとらせんに巻き込まれ、離れられると撃ち込めないという非常に難しい弾幕。
特に一定間隔で自機に向かって突撃してくるのが厄介。
下段に来られると手が出せない。
そうこうしている間にらせんから解き放たれた弾幕に被弾してしまう。

EX2-09-01.png

EX2-09-03.png

EX2-09-05.png

「嫌われ者のフィロソフィ」
嫌われ者=心を読むサトリ妖怪。こいしは嫌われるだけなので心を読む瞳を閉ざした。
Extra9番目恒例の耐久スペル。それにしちゃ短い気がする。
第一段階は右下→右上と移動するだけでいい。
第二段階はほぼ移動が利かないのでボム必至。
第三段階は格子の中央に位置取ればある程度避けられる。

この弾幕の肝はなんといってもこれ!!↓
EX2-09-02.png
EX2-09-04.png

漆黒の闇に浮かぶこいしの気配。気配だけは感じ取れるが実体は認識できない。
うーんかっこ良すぎる!これが"無意識を操る程度の能力"なのか……。
ベストオブ地霊殿受賞!

EX2-10-01.png

EX2-10-02.png

EX2-10-03.png

EX2-10-04.png

「サブタレイニアンローズ」
直訳で「地底のバラ」。東方地霊殿のサブタイトルは「Subterranean Animism」
神主曰く、こいし戦はバラを敷き詰めた庭が似合うらしいのでバラがシンボルなのだろう。スペル背景もバラだし。
全四段階の最終スペル。
第一、第二は比較的間隔も広くて変に意識せずとも避けられる。
第三は間隔が狭くなり、スピードも増加、そしてバラが大量増加で一気に難しくなる。
ちょっとでも移動を誤ると即追い込まれて詰み。
第四は間隔がほぼなくなるが、バラが減るので第三よりは楽。
それでも正確かつ高速で赤と青のバラを避け続けないといけないうえ、最後の最後なので緊張もMAXで、もー大変!

感想
輝針城、紺珠伝とEXを攻略してきたが、地霊殿は多分簡単な方だと思う。
特に道中が楽。早苗さんが本当に癒やし。
こいしも初見殺しは多いけど、通常弾幕はどれも余裕のよっちゃんだし、慣れてくると本当に簡単。
クリア時も恋の埋火までノーミスノーボムだったし、こんな下手な僕でも理論上は嫌われ者のフィロソフィまでノーミスノーボムで行くことも可能。
ラストリモートは屈指の名曲だし、ハルトマンの妖怪少女も不気味で心地よい。特に心綺楼のアレンジ版は一度聞くべき。
こいしのキャラもかわいいだけじゃなく無邪気の中に潜む邪悪みたいなのを感じられて、こりゃー人気でますわーと思った。
あーほんと、地霊殿は楽しいなぁ~(紺珠伝を横目で見ながら)

検証生活 5日目

5日目=part5
本当は地霊殿Extraをクリアーしてその感想を述べようと思ってたのだが
クリアーできなかったのでいつも通り検証生活が始まる。

5日目:ミラーブリードとエロブリード


エロブリードの響きが良すぎてこんなサブタイトルに。
ようするにブリードカードはミラーワールドやエロージョンの影響を受けるかどうかの検証だ。

早速2体配置してミラーワールドを使ってみよう。
こちらが僕のブリードドラゴンだ。

ミラーブリード01
ミラーブリード02

ブリードカードに関してはパーツパックを1回だけ買って以来Gp稼ぎにしか使っていない。
ではミラーワールド下で戦闘してみる。

ミラーブリード03

普通にふっ飛ばされたー!
というわけでどんなに似ててもミラーワールドの影響は受けない。
まぁ分かってたけどね。
じゃあエロージョンはどうか。

手札にブリードカードを用意して……

エロブリード01_同名2枚01

こちらがエロージョンを使った結果↓

エロブリード01_同名2枚02

はい効かないー。知ってたー。
ブリードカード、インチキくせー。
今日はおしまい。さようなら。



……いや、ちょっと待てよ。
これらは似てるけど別のカードだから影響を受けないんだな?
なら同じカードなら影響を受けるのでは?
そう、すなわち、

ミラーブリード04

シェイプシフターでコピーするんだ!
そうすると……

ミラーブリード05

やったぜ!ブリードドラゴンも自壊した!

エロブリード02_シェイプシフター01

もういっちょコピーして……

エロブリード02_シェイプシフター02

手札に回収。
この3枚、全く見分けがつかないが、1枚は元シェイプシフターだ。
ここでエロージョンを撃つとどうなるか……

エロブリード02_シェイプシフター03

おお!効いたぞ!
「ブリードドラゴンを全員の手札から取り除いた」
なんていい響きだ!

エロブリード02_シェイプシフター04

直後の手札がこれ。
全く見分けがつかないが一匹だけ影響なかった。
陰性反応が出たようだな。

ということでシェイプシフターでコピーすればブリードドラゴンもミラーワールド死させることができるぞ~。

検証生活 4日目

4日目というのはpart4ということ。
タイムテーブル作りばっかなのは飽きるので今日は別のものを検証しよう。

4日目:地形効果
いや、地形効果の検証って何よ、と思われるかもしれない。
今回検証するのはこれらだ。
①"「戦闘中能力」無効"
②"地形効果無効"
③"地形効果"
④"擬態"

これらと地形効果の関係を検証していく。
ちなみに③"地形効果"というのは要するにカモフラージュの呪いのこと。
まったくなんで名前わかりにくくしたかなー。

とりあず実戦でも最もよく見るであろう"「戦闘中能力」無効"+"地形効果無効"から。
すなわち、シーボンズ+ディスエレメントだ。

地形効果01_シーボンズ+地形効果無効01
地形効果01_シーボンズ+地形効果無効02

従来通りシーボンズにディスエレメントは効く。
なぜなら"地形効果無効"は戦闘外の効果だからだ。
(一枚目を見れば地形効果+0になっているのがわかるだろう)

では今作から新たに登場したウォーロックディスクはどうか。

地形効果02_ウォーロックディスク+地形効果無効01
地形効果02_ウォーロックディスク+地形効果無効02
地形効果02_ウォーロックディスク+地形効果無効03

ひどく滑稽だが、当たり前の話だ。
戦闘前の効果なんだからウォーロックディスクで防げるわけがない。
ちなみに発動しているのは侵略側だが"「戦闘中能力」無効"はお互いに効果を与えるので問題ない。

今度は逆に"地形効果"(カモフラージュ)とウォーロックディスクを重ねてみよう。

地形効果03_ハイドビハインド+ウォーロックディスク01
地形効果03_ハイドビハインド+ウォーロックディスク02
地形効果03_ハイドビハインド+ウォーロックディスク03

"地形効果無視"同様、"地形効果"もまた戦闘前に効果がある。
よって"「戦闘中能力」無効"では無効にならない。

さてさて、では「X属性からも地形効果を得る」という"擬態"はどうだろうか。

地形効果04_スプラウトリング+ウォーロックディスク01
地形効果04_スプラウトリング+ウォーロックディスク01
地形効果04_スプラウトリング+ウォーロックディスク02

OMG!
「地形効果を得る」と言っておきながら地形効果がないじゃないか!
実を言うと"擬態"は(昔から)ただ地形効果を得る能力ではなく
「戦闘中、地形効果を得る」という能力なのだ。
だから"「戦闘中能力」無効"で無効になってしまう。
噂によるとAIとの同盟戦でも火のスプラウトリングは属性が合ってないと判断されて勝手に交換してくるらしい。
ハンデ戦でハーフリングを交換するのもそのせいだね。

ついでにこちらを見てくれ。
たまたま撮影できた貴重な写真だ。

地形効果05_変身スプラウトリング01
地形効果05_変身スプラウトリング02

戦闘中の能力なので変身しても発動するんだ!
これに関しては戦闘中能力で良かったかもしれない。
いやーでもいい加減テキストちゃんとしてほしいですわ。


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。