HOME プロフィール

holst

Author:holst
身は華と与に落ちぬれども 心は香と将に飛ぶ

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ

36ミニッツの赤い山

なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。
2016年12月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾幕感想 東方永夜抄Extra

よーーーーーーやく永夜抄EXTRAをクリア、いや正確には納得のいくクリアをした。
ただクリアするだけなら5日で終わるほどあっさりだったが
あまりにもあっさりでクリアの手応えが感じられなかったため
『ラストスペルである「インペリシャブルシューティング」を取得してクリア』
を目標にしたところ難しすぎてなんと約6週間もかかってしまった。
しかしそれだけやったので十分すぎるほど永夜抄EXTRAを堪能できた。
実に有意義な6週間だったと思っている。

と、いうわけでじっくり味わったEXTRAの弾幕感想を。
"グリモワールオブオレ"永夜抄EX偏!


th08_EX1-01-1.png
th08_EX1-01-2.png

旧史「旧秘境史 -オールドヒストリー-」
やさしさ:★★
慧音らしい、幾何学模様の米弾の中を鱗弾で狙い撃ちする忙しい弾幕。
パターン模様の弾幕を避けたらあとはちょんちょん避けるだけなんだが
下手すぎるせいで未だに安定したパターンが組めない。
どうもゆったりできない弾幕は焦ってしまうよう。
でもこの後の「ネクストヒストリー」に比べたらどこかやさしさを感じる。


th08_EX1-02.png

転世「一条戻り橋」
神秘性:★★★★★
時間を巻き戻すかのように後ろから収束していく奇妙で新鮮で、そして美しい弾幕。
その異様さに気圧されて難しく見えるが、実際は隙間がでかいので簡単。
後半は慧音から自機狙いの大弾が放たれるので大きく動かされる。
その際変に収束に巻き込まれると一気に上部に吸い込まれるのが恐い。


th08_EX1-03-1.png
th08_EX1-03-2.png

新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」
強迫感:★★★★
「オールドヒストリー」を難しくしたような弾幕。
自機狙いの鱗弾がポイフル弾になったので圧迫感がすごい。
60回くらいまで一向に避け方がわからなかったが
ちょん避けをさらに細かくしたスーパーちょん避けをすることで嘘のように簡単になった。


th08_EX2-01.png

時効「月のいはかさの呪い」
パターン組めなさ:★★★★
大きめの米弾を撃ちながら妙な形のナイフ弾を放ち、そのナイフ弾が画面下端で反転して襲いかかる呪われた弾幕。
誘導ありのパターン弾幕なんだろうけど、一向に安定したパターンが組めない!
前に出すぎると米弾の間隔が狭くなって避けにくいし、下がりすぎると赤ナイフに刺されるという二律背反。
赤いナイフが血に染まっているようで不気味だ。


th08_EX2-02-1.png
th08_EX2-02-2.png

不死「火の鳥 -鳳翼天翔-」
飛翔感:★★★
火の鳥型の弾幕を放つカッコイイ弾幕。
避け方知らないとまず詰むような非情で難しい弾幕が、誘導の仕方さえ分かればなんてことない。
これ最初から避けたら知ってたらきっとつまらないだろうなと思う。
避け方覚えるまで20回近く焼殺されてこそ、この弾幕を真に理解できるはず。
変にボム使った後、消えた火の鳥の残り火で焼かれる、通称"インビジブルフェニックス"とか味わわないと。


th08_EX2-03.png

藤原「滅罪寺院傷」
気持ちよさ:★★★★
札弾のワインダーがグラフのように錯綜する弾幕。
最初は純狐の通常4のような、下でちょん避けする弾幕かな?と思ってた。
実際は中段で一つずつ丁寧にくぐっていくかなり易しめの弾幕。
スッスッと抜けるたびにカタルシスがあって、弾幕の綺麗さも相まってかなり気持ちいい。
どれぐらい気持ちいいかというと寝る時頭のなかで延々と避けていたくらい気持ちいい。


th08_EX2-04.png

不死「徐福時空」
謎判定:★★★★
卍を描いた札弾が降ってくる弾幕。
判当たったかと思ったら当たってなかったり、当たってないと思ったら当たってたりして意味がわからない。
どうも札弾が出た瞬間と消える直前は判定がないっぽい。
どうでもいいが「徐福時空」って文字「空条徐倫」っぽくない?


th08_EX2-05.png

滅罪「正直者の死」
寒いと死ぬ確率:★★
明確な詐欺判定を持ったレーザーで強迫してくる弾幕。
こればっかりは有名なもんで、詐欺判定なのは知っていた。
古の知識が正しいなら、レーザーが向かってくる方向に対してぶつかるように移動するとすり抜けられる、はず。
赤黒ポイフルを寒さで避けられなくて3被弾とかすると泣ける。


th08_EX2-06-1.png
th08_EX2-06-2.png

虚人「ウー」
気合度:★★★
炸裂する3本の爪痕のような弾幕。
シンプルだがシンプル故に気合で避けるしかない。
一応上に誘導することで難易度がぐっと下がるものの炸裂の仕方がランダムだったり
慣れない上部で避けだったりで結構辛い。
元ネタの3X3EYESはらしいが知らないので個人的なイメージは亜人。


th08_EX2-07.png

不滅「フェニックスの尾」
あったかさ:★★★★
ひたすら炎のような赤い光弾が降り注ぐ弾幕。
「ウー」も気合だし、これも気合!
ただこっちはほぼ縦の弾幕なので比較的簡単。画面がチカチカして見づらいくらい。
炎弾の密集地帯を避けてるときはあったかさを感じる。


th08_EX2-08.png

蓬莱「凱風快晴 -フジヤマヴォルケイノ-」
破壊力:★★★★★
爆発する弾幕。
強い。スペルカードで強いというのはいささか変だが、強い。
避けても避けても爆破から逃れられない。
最初の頃は平気で残機3つ持ってかれたりしてた。
紺珠伝EXのルナティックインパクト並。
まぁ回避と誘導のパターンを覚えれば、まぁ避けられなくはない。


th08_EX2-09-1.png
th08_EX2-09-2.png
th08_EX2-09-3.png
th08_EX2-09-4.png

「パゼストバイフェニックス」
声に出したい度:★★★★
まず名前が好き。パゼストはポゼッションのことだ。
誰かを支配したり取り憑く時は「パゼストバイオレ」と言いたくなる。
弾幕は耐久。フェニックスに取り憑かれた状態でばら撒かれたり狙われたり爆発したりする弾幕を避ける。
第二段階の鱗弾は、一見ちょん避けで突破できそうなんだが
画面端で切り返すことができず延々と放たれ続けるので一方向のちょん避けでは避けきれない。
ぐるーっと一定のリズムで回ることで突破できることに気づくまではそれはもう大変だった。
これも避け方を知っているとそうでないとでは大きく変わる。


th08_EX2-10-1.png
th08_EX2-10-2.png

「蓬莱人形」
蓬莱人形度:★★★★★
妹紅10番目のスペルにしてなんとあの伝説のアルバムと同じ名前を持つスペルカード!
ぐるぐると二色のワインダーと共に回りながら徐々に可動範囲が狭くなっていくように包まれていく。
陰陽印のように見えなくもない。
個人的には避けている様子がワルツを踊っているようで、だんだんと包まれていくのが不思議と気持ちよく
まさに「蓬莱人形」といった感じがして趣深いなぁ~と。
難易度はこれまでやってきたEXTRA最後のスペルに比べるとかなり簡単。
やはり真のラストスペルが控えているからなのか。


th08_EX2-11-1.png
th08_EX2-11-2.png
th08_EX2-11-3.png
th08_EX2-11-4.png
th08_EX2-11-5.png
th08_EX2-11-6.png

「インペリシャブルシューティング」
楽しさ:★★★★★★★★★
スペルカードを7つ以上取得することで挑戦できる妹紅のラストスペル。
"終わりなきシューティング"にしてシュートせずに弾幕が戻っていくという、不滅の弾幕。
もうこれについては数え切れないほど挑戦し、語り尽くせないほどいろいろなものを感じた。
そのひとつとして、"終わりなきシューティング"はシューティングゲームに対してでもあるって話。
もちろん歴史ある数多くのシューティングゲームに対してでもあるだろうけど
ここでは東方Projectシリーズを表しているんじゃなかろうか。
この弾幕は大きく分けると9回の波があり、永夜抄は東方Project第8弾。
1波目から順に各作品を表していて、9波目は未来の表現なのかも、と思った。
でも弾の形が大きく変わるのは7波目からなんで、5,6で一つか、あるいは全く関係ないか。
ま、難しい考察は置いといて、そういう考察もできるくらい深みのある大変興味深い弾幕であった。
スポンサーサイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。