HOME プロフィール

holst

Author:holst
身は華と与に落ちぬれども 心は香と将に飛ぶ

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ

36ミニッツの赤い山

なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証生活 8日目

part8。
前回引き伸ばしたくせに間に世界樹を挟むという適当っぷり。
書きたかったんだから仕方ない。

8日目:タイムテーブル作り その5

で、前回何をやっていたかというと、3種類の衰弱の発動順を検証したんだったな。
これがその結果。

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱01

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱02

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱03

TT16_サムハイン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱>タイタン衰弱04

サムハイン>アングリー>毒>タイタンの順で、
クリーチャー>アイテム>呪い>クリーチャーと並んでいるため、
アングリー>毒, 毒>タイタンでそれぞれステップでを跨いでいると判った。

しかし!

その後気づいた。

アングリー衰弱とサムハイン衰弱は、衰弱させる能力。すなわち、
衰弱させる側が発動しているのでは
と。

実際に画像を見てもらえば分かるが、毒衰弱とタイタン衰弱はロックタイタン側に「衰弱(衰弱ダメージ)」の文字が出ているが、サムハイン衰弱とアングリー衰弱はサムハイン側に文字が出ている。
つまりどういうことかというと、
先攻>後攻の順で処理しているため、サムハイン≧アングリー、毒>タイタンは確定だが
アングリー>毒は確定していないのだ。

そこで早速検証。
まずアングリーは衰弱させる側が発動しているかを確認する。
先攻>後攻の順に処理しているので、後手アングリーで毒のクリーチャーに攻めればいい。
こちらがその結果。

TT25_毒衰弱>後手アングリー衰弱01

TT25_毒衰弱>後手アングリー衰弱02

TT25_毒衰弱>後手アングリー衰弱03

やっぱりアングリーが後に発動した!
ということはアングリーは発動する側の能力だ。
ここまできたらアングリー,サムハイン,毒を全部一緒にやってみよう。
毒にしたサムハインに攻撃と2つの衰弱に耐えつつ、サムハインも毒死しないような温厚なクリーチャーで攻めてもらう。
まぁいつも使ってるルリエーナにお願いすれば簡単だ。
彼女は無駄な侵略をしないので非常に検証が楽。

さて、どうなったか。

TT26_毒衰弱>サムハイン衰弱>アングリー衰弱01

TT26_毒衰弱>サムハイン衰弱>アングリー衰弱02

TT26_毒衰弱>サムハイン衰弱>アングリー衰弱03

???????
呪い効果が先に発動しているぞ~??
前回の結果からアングリー≧毒であることは確定しているので、毒>アングリーとステップを跨いでいることはない。
順番が入れ替わったということは同列ということだ。
しかし同列ならば本来はクリーチャー>呪い>アイテムの順に処理するはず。
なのに呪い効果から先に処理している!!どういうことだー!!

と、一人興奮していたが、クリーチャー>呪い>アイテムだとサムハイン>毒>アングリーになるため、
毒で死ぬときサムハインは先に衰弱させられるけど、アングリーは衰弱させられない……なんてことになるから、
恐らく毒で死ぬならどっちも発動できないよ、ってことなんだろう。

ここまできたら毒>タイタンも疑わしい。
さらなる検証を重ねる。

TT42_タイタン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱01

TT42_タイタン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱02

TT42_タイタン衰弱>アングリー衰弱>毒衰弱03

やっぱり!
侵略:タイタン>アングリー>防衛:毒
だからタイタン衰弱も同列。

シニリティ(自壊)はどうか。

TT29_タイタン衰弱>自壊02

TT29_タイタン衰弱>自壊03

タイタン>シニリティ
呪いが優先というわけではなく、毒が優先ということが分かる。

つまり戦闘終了時ステップは
毒>クリーチャー>呪い>アイテムの順に処理するようだ。
前作でも毒は最速であったが、独自のステップを設けていた。
ひょっとしたらあれもミスだったかもしれない……。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。