HOME プロフィール

holst

Author:holst
身は華と与に落ちぬれども 心は香と将に飛ぶ

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ

36ミニッツの赤い山

なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証生活 9日目

第九回。
前回の記事は難しいと言われた。
うん、実際難しい。基本的な処理順を理解していないとわからないとおもう。
だがこの日記は自虐とかじゃなく本当に人に見せるつもりで書いてないので、そのへんの解説等はしません。
よく分からない人はなんとなくで楽しんでって。

あとタイムテーブル使えます!とも言われた。
……何に使うんだろう……検証かな?

9日目:タイムテーブル作り その6
9回中6回がタイムテーブル作りっていう……。
あらかじめ言っておきます。
残りのネタは記事一本にするほどのものじゃないので、次回からは雑に在庫処理していきます。

今回はバウンティハントの"賞金"について。
「対象クリーチャーを戦闘で武器を使い破壊した場合、G300を得る」
という効果はどういうものなんじゃい。

まぁ特に意識せずとも遊んでいる中で、どうも自破壊時能力っぽい、ということは分かっていたので他の能力と色々比べてみる。

TT37_代償>賞金>遺産01

TT37_代償>賞金>遺産02

TT37_代償>賞金>遺産03

TT37_代償>賞金>遺産04

呪いが解ける>代償>賞金>遺産
武器使ってないのに発動してる!?
……じゃなくて、呪いが解けてるのに発動してる!?(ケンタウロスの武器は復帰している)
そう、実は「【呪い名】の効果がなくなりました」というのは
「【呪い名】が解けたけど効果は最後まで続きますよ」という意味なのだ。
前作でもマヒしたクリーチャーはマヒが解けた後の遺産を発動できない等の凡例があった。
とはいえ「効果がなくなりました」といった直後に「賞金」って出るのはなかなか滑稽である。

で、結果を見るとクリーチャー>呪い>アイテムと正当な順番で処理されているので
やはり自破壊時の能力であることがわかる。
バウンティハントの効果を丁寧に言うと
「『自破壊時、戦闘相手が武器を使用した場合、相手セプターはG300を得る』の能力を得る」
となる。

他の例を見てみよう。


TT38_遺産>賞金>遺産01

TT38_遺産>賞金>遺産02

TT38_遺産>賞金>遺産03

TT38_遺産>賞金>遺産04

遺産>賞金>遺産
遺産の間に賞金が入っているのがなんだかヘンだ。

もういっちょ検証。

TT39_賞金>遺産>復活01

TT39_賞金>遺産>復活02

TT39_賞金>遺産>復活03

TT39_賞金>遺産>復活04

賞金>遺産>復活
(。◠‿◠。✿)うんう・・・ (。◔‸◔。✿)ん?

……あれ?
クリーチャー能力の"復活"が最後に発動しているぞ?
ひょっとしてステップを跨いでる?
と思って早速検証。

TT40_復活>遺産01

TT40_復活>遺産02

侵略:復活>防衛:遺産
……ステップは跨いでいない。
わーお。
なんと毒衰弱の優先度が高かったように、"復活"は優先度がこれだけ低いのだ。

しかもこれ、間に破壊エフェクトが入る。
前作がどうだったか忘れてしまったが、リボルトでは破壊エフェクトの発生が復活の直前に入る形で同列なのだ。
うーんなんかヘン!
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。