HOME プロフィール

holst

Author:holst
身は華と与に落ちぬれども 心は香と将に飛ぶ

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ

36ミニッツの赤い山

なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

螺旋のエンペロイダー Spin2.

■概要
"ブギーポップ"シリーズと同じ世界で語られるブギーポップが関わらないお話シリーズ。
イラストレーターが変わっていたり、色々変化を利かせている様子が垣間見える。

■あらすじ
なんか凄いらしいことが露わになった主人公の虚宇介くん。
いろんな奴から狙われてさあ大変。
でも本人は至って冷静で、着実に、流れるように事故を対処していく。
その周りでは激動が起こっていることを知ってか知らずか。

■全体感想
part2なので1の伏線を回収しつつ、全容の片鱗が少し顕になってきて、盛り上がってまいりました。
時系列は"ヴァルプルギスの後悔"の後、"ブギーポップは笑わない"の2年後っぽい。
なんという濃密な2年間なんだ……。
どうも"ヴァルプルギスの後悔"で世界が一新されて、統和機構も新しくなっていて、
"冥王と獣のダンス"とか、他のシリーズに繋がっていく様子を描いているっぽい。
それすなわちブギーポップの終わりである!
現に外伝シリーズはブギーポップ出てこないし、"ヴァルプルギスの後悔"の影響で本当に消えてしまったのかもしれない。
そしてその代わりに生まれたのが才牙兄妹および才牙真幌なのだろうか。兄妹はともかく、真幌は何者なのだろうか。

どのぐらい意識しているのかわからないが、キャラの性格や行動が露骨になってるよね。
はじめは中学生って設定だからガキ臭いのかと思ってたけど、総じて感情的なキャラが多い。
特に合成人間が感情的なのはなんか違和感ある。もしかしたら"新しい統和機構"の方針なのかもしれない。
"ヴァルプルギスの後悔"の影響でMPLSや合成人間の在り方が一新されたとか。

■個別感想
●三谷文
え?き、気づいてたし!嘘です。いや、違うんだ。
ダイアモンズ嫌いだから、新キャラがぶっ壊してくれないかなーって期待してたから、じぇーんじぇん気付かなかっただけなんだ。
しかし露骨に描写されてましたね……。

●「――そして、世界にも」(p75)
ぞくぞくする。でもブギーポップ出てこない。"もう"いないのかもしれない。

●時系列
なんかおかしい気がする。
7話はNPスクールの途中で虚宇介が早退した時。場面は夜(日が沈んだ直後くらい?)。
8話は体育の授業後のはずだが、7話と同じ時間。山に来るまでに時間かかった?
7話の最後に事件現場に生徒が来たって書かれた後、御堂璃央が喋ってるけど、
8話で呼び出されてるから喋ってるのは教室らしい。これが非常にわかりにくい。
9話は7話の数十分後で、虚宇介は早退したのに帰ってきて、直後にまた早退するという怪しすぎる行動を取ってる。
NPスクールの描写は1巻でやったから、もうどうでもいいって感じが悲しい。

●「ムキいなってもろくなことにならないんだから――やれやれ」(p116)
これが上遠野流のやれやれキャラなのか。

●イグノーブル・イグニッション
サバイバーだ!
どうでもいいけど外伝はチームで1つの能力にするスタイル多いな。
まぁ外伝は戦闘多いからな。

●璃央を救った女性(p141)
誰だ?性格的にもキャラ的にも口調的にも凪な気がするんだが、ちょっと賢明すぎるような。
"ヴァルプルギスの後悔"の後で変わったのかな?
もしくは九連内朱巳。口調が変か。
あるいは才牙真幌。これも口調が変。あと、仮にそうだったらもっと才牙兄妹に関心持つはず。

●「今、私は真剣に、あなたと話がしたいと思っているのだから」(p146)
優しいのに、ぞくっとくる、いい台詞。

●マキシムG
最近よく出てくるけど、かませっぷりが凄い。
毎回いいように利用されるだけ。

●カチューシャ
ついに出てきた!強そう。

●「ちょっと前の、何でもかんでも抹殺してしまえっていう風潮だった頃も」(p176)
やっぱり新統和機構になって、色々変わってるみたい。それもまた変わる波乱が来ているけど。

●フェイ・リスキィ
「私個人の、生涯を掛けた研究のためよ」(p179)
"――意志を継いでいく者が要る……。"(p283)
どうも裏ストーリー(表?)は奇蹟使いVS枢機王っぽい。
こっから"冥王と獣のダンス"に繋がるのがよおくわかる。
しかし"ヴァルプルギスの後悔"でフェイが覚醒した時は冗談じみたおまけかと思ってたのに……相変わらずすごいな。

●相剋渦動励振原理
ワロタ。俯瞰認識者(オーバースケール)みたい。

●エコーズ
ここで時系列がわかる。梢覚醒が約2年前。この世界はどんだけ濃密な2年間を経ているんだ。

●才牙兄妹
やっぱり虚空牙じゃないか。そのくせなんでもないとか言いおる。
でもやたら喋るし、行動的。これも"ヴァルプルギスの後悔"の影響?
たしか合成人間はエコーズが素体だから虚空牙のマッチポンプな気がする。
時間を操る能力(なのか不明)はジョジョっぽい。

●御堂璃央
"中枢"キャラっぽいなーと思ってたら案の定推薦されつつある。

●「世の中ってのはそういうどうでもいいことが積み重なってできているんだぜ」(p292)
好きな台詞。謎だぜ口調。

●「だってフォルティッシモは、私のことが大好きだから」(p295)
はい。

●「そのスクールとやらで、面白いことが起きるから」(p298)
パールが動き出しそうだなぁ。ダイアモンズ壊滅しねえかなあ。

●MMT
何の略なんだろ。
"侵略者"、"被侵食体"、"天敵波動"
MPLS?奇蹟使い?
人間の"邪悪"と同一?虚空牙?わけがわからねえ。

●誰も死なない
梢といい楓といい死亡フラグビンビンで、案の定の凄惨なことになったのに、結果的に死んでない。
主要キャラで死んだのは1巻の咲桜とみのりだけ。いや主要キャラでもないか。いやいや、死んだから主要キャラじゃないってことか?
なんか能力者の子供たちが頑張ってる様子は"パンドラ"を髣髴とさせる。
楓の首が折られたところはすごく似てると思った。

●恒例の美味しいところ持っていくキャラ予想
日高迅八郎  x1.8
御堂璃璃央  x1.9
風洞楓    x2.6
室井梢    x3.3
志邑詩歌   x3.7
反町碧    x4.0
箕山晶子   x4.2
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。